FC2ブログ
催事で、ブ-スに腰掛けていたら
『おじさん、何してるん?ここは何するところ?』
歳は、30歳半ば位…
『仕事だよ、指輪とか売ってるんだよ』

『お昼ご飯たべた?』
『食べたよ』
『私まだ食べてないんだよ』
なんて会話をしてました。多分、

彼女は、
自分自身心に悩みがあるのか?

『ご飯食べるみたいに心にも栄養あげれたら良いのにね』
って
『そうだね』
『おじさんも悩みある?』
『あるよ』
『そうなんだ?』
『そんな時誰に相談するん?』


彼女は表情豊かに、話題を作って行きます。
『宝くじはどうやったら当たるの?』
『福祉の窓口を増やしてほしい』
とか
会話を始めて10分ほどで彼女は
『はぁ~元気が出たらお腹空いた』
ってレストラン街の方向に歩いて行きました。

振り向いて…
『おじさんありがとう!』って
『うんうん、またね』って
大きな声で『おじさん』はちと恥ずかしい(笑)

誰かとお話したかったんだろうなぁ

お話楽しかったよ
『ありがとう』
関連記事
2008.03.01 Sat l 何気ない出来事 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://ssss7.blog107.fc2.com/tb.php/104-c7de4fca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)