FC2ブログ
<ガンブラー>被害急増 有害サイトに誘導の新種ウイルス

新種のコンピューターウィルスが
流行っているらしい。

これの走りだったのか
昨年年末あたりから、
相互リンクを申し込んで頂いたサイトの中で、
ウィルスに感染しているサイトが
数件ありました。

何のウィルスだったかは、
調べてもいませんが
リンク確認の為に、URLに接続すると
『ウィルスを感知した為に接続を遮断します』と
ウィルスソフトが、注意してくれます。

こちらから、
わざわざ報告するのもなんなんで
リンク希望先には報告せず
ほっときましたが、
もちろん、感染しているサイトに
リンクを張ることも出来ませんよね。

基本的に、
ウイルス対策ソフトをインストールしてあるPCで
ウィルス対策ソフトを最新版にアップデートして
あればほとんどの場合、問題ない。
もちろん
OSなどのUPDATEもしてある事も条件ですね。

14ヶ月間使用できる
ウィルスソフトを使用しているので
1年ちょっとで、
忘れた頃に、大きな更新をします。
もちろん毎日、最新の情報には
更新されているので安心です。

しかし、
ウィルス対策ソフトが、ウィルス見つけた時の
警告音は、やっぱり良い気持ちはしませんね。

人気ブログランキングへ
yahooニュースより1月6日22時19分配信

<ガンブラー>被害急増 有害サイトに誘導の新種ウイルス
1月6日22時19分配信 毎日新聞

 改ざんされた企業や個人のウェブサイトを閲覧した利用者のパソコンが、有害サイトに誘導され、ウイルスや不正プログラムを埋め込まれてしまう「ガンブラー」と呼ばれる新種のコンピューターウイルス被害が多発している。ウイルス対策会社によると、国内で約3500件以上のサイトが被害を受けているとみられ、独立行政法人「情報処理推進機構」は注意を呼びかけている。

 同機構によると、ガンブラーによる被害はまず、企業や個人のウェブサイトを管理するパソコンから盗んだ管理用パスワードで、何者かがサイトに不正侵入。サイトの内容が書き換えられてウイルスが仕掛けられると、サイトを閲覧した利用者のパソコンが別の有害サイトに誘導され、他のサイトのプログラムをダウンロードする機能を持つ不正プログラムやウイルスが自分のパソコンに埋め込まれてしまう可能性があるという。

 ウイルス対策会社「カスペルスキー」(東京都千代田区)によると、ガンブラーによる被害は昨年5、6月ごろから目立ち始め、昨秋から急増。昨年末にはJR東日本やホンダなど大手企業も自社のサイトを改ざんされたことを公表した。年明け以降も民主党東京都連などでホームページの改ざんが明らかになり、6日にはローソンや京王電鉄も被害を公表した。

 同機構によると、パソコンにインストールされている各種ソフトが最新版なら、改ざんされたサイトを閲覧しても有害サイトには誘導されない。

 バージョンの確認は同機構などによるサイト(http://jvndb.jvn.jp/apis/myjvn/#VCCHECK)でできる。【奥山智己】
人気ブログランキングへ
関連記事

2010.01.07 Thu l Good&New l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://ssss7.blog107.fc2.com/tb.php/238-797972a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)