FC2ブログ
時計業界の資料を見つけた。
売り場面積は、拡大基調で
従業員数も、拡大基調
坪当たりの、売上は減少傾向。

売り場面積は、35坪から55坪に変化し
1店あたりの売上は、4400万から8000万円に推移。

つまり、大型店舗が生き残り
小型店は、淘汰されつつあるという事。
とはいえ
1店あたりの従業員は4人・・・
まだまだ、小型店舗が大多数を占めているってこと。

坪売上は、
坪あたり、260万/年 22万/月
5坪の店 1300万/年 110万/月
10坪の店 2600万/年 220万/月
20坪の店 3900万/年 330万/月

時計店の平均だから、宝飾やめがね兼業だと
また違ってくる数字だけど・・・参考にはなるはず。

図表Ⅲ-5-1 時計小売業の商業統計からの経営効率と推計

91年(H3)94年(H6)09年(H21)
店舗数(店)21,56520,90618,208
売上(億円)9,5799,43114,609
従業員数(人)66,10967,52173,437
売場面積(万㎡)114.3126.1183.5
一店当り売上(万円)4,4424,5118,023
平均一店当り従業員数(人)3.13.24
一店当り売場面積(㎡)5360.3100.8
一人当り売上(万円)1,4491,3971,989
1㎡当り売上(万円)83.874.879.6

資料:実数は通産省「商業統計」、H21(09)年の推計は商業システム研究センター
資料:「21世紀の小売業はこう変る」(発行 経営情報出版社)




さらに時計宝石業界の今後は・・・こうなるらしい
卸業として小売業として
この資料を、どう読み解くか


人気ブログランキングへ
関連記事
2010.01.21 Thu l 仕事 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://ssss7.blog107.fc2.com/tb.php/251-e31e681c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)