FC2ブログ
人気blogランキングへ 佐伯さんの会社ってどんな会社なの?


 ㈱佐伯宝飾について
所在地 :広島市佐伯区
設 立 :平成8年11月
代 表 :佐伯浩二
従業員 :4人
業 種 :宝石・貴金属卸業務
取扱品目:宝石・貴金属一般
テリトリー:中国地方 WebSite :http://ssss4.com
さらに詳しくは・・・

応援よろしくお願いします。クリックするだけで、励みになります。^^ ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気blogランキングへbanner_02.gif

さて㈱佐伯宝飾について 
もう少し詳しくお話しましょ。
㈱佐伯宝飾の代表佐伯浩二の父親が築いてきた
㈱日新商会での経験を生かして
平成8年に㈱佐伯宝飾を設立。
おかげさまで平成20年月現在、第13期を迎えております。

中国地方の、宝石・時計店への卸業務を主としています。
また、宝石店の店頭やホテルなどでの宝石の催事も行っております。

宝石・貴金属に関連のある商材として
高級ハンドバック・皮革製品
アパレル関連・健康関連商材も取り扱っております。

宝飾品および関連商品を通じて多くの方に、
そのすばらしさと感動をお伝えしています。

平成17年よりリサイクル部門も設立し
金/プラチナの製品のリサイクル部門を運営しております。

限りある地球資源の中でも、
当社の取扱品目でもある身近な地球資源の
金/プラチナを回収して新たに工業製品やジュエリーに
再生することにより地球環境に貢献しています。

宝石の豊かさにより、感動を提供し
 役目を終えた貴金属を再生することを通じて
  循環型社会の一翼を担う企業として発展いたします。


応援よろしくお願いします。
クリックするだけで、励みになります。^^
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気blogランキングへbanner_02.gif
最新記事に戻る

なんだか月並みな会社紹介になってしまったので
ちと・・
書き加えてみたりする。

こんなところまで
お付き合いくださっている貴方は・・^^

1996年11月・・・
わたくし若干36歳
広島市西区高須の住宅街ビルの1階で
佐伯宝飾は、営業をはじめました。

閑静な住宅街の高台に建つ
4階建ての
こじんまりしたマンションの
1階のテナントオフィースです。

私と従業員を含めて4名なので
簡易な事務所でよかったのですが
今考えてみると
そんなに必要のない広さ40坪近い
事務所を倉庫並みの家賃で
格安だと言う理由で、ここに決めました。

だって
市内中心部も検討しましたが
オフィスの家賃も高ければ
駐車場の賃料だって馬鹿高いんですもの^^
市内中心部の駐車場の賃料で
もう一軒事務所借りれそうですもの

卸業務と言う業種からしても
一等地は、必要ないかな?

西区高須は、閑静なだけではなく
地方に出張に行くには高速にも近く
当社にとっては好立地だったんです。

主力の商品は、
ブランド品:セリーヌ・レノマ・ピンキー&ダイアンなどなど
中国地方の代理店として
広島・山口・島根の有名デパートや宝飾店に商品を納入。

業務の内容は、
大きく分けて
宝飾品をお得意先であるデパートや宝石時計店の
店頭に並べていただく為に販売すること。
お得意先主催の宝飾品の展示会で
エンドユーザーに直接販売すること。

新しい事務所で初めに電話を下さったお客様。
挨拶回りで、優しい言葉をいただいたお客様。
仕入会で、今まではお取引が少なかったのに大きなお付き合いを頂いたお客様。

独立に関して、アドバイスを頂いた仕入先の社長様。
設立記念の展示会に、遠くから駆けつけてくれた仕入先。
出資までしてくださった仕入先の部長様。

本当に36歳の
若輩社長が、皆さんの力を借りて独立することが出来ました。

11月に設立して
設立の挨拶回りや、設立記念の仕入会などで
あっという間に1996年は終わってしまいました。

後先になりますが
私が社会人になる前のことも
今の仕事に関連するのでちょっと綴ります。

私は東京の大学(東大ではない^^)に入学したのですが
専攻は、理工学部機械工学科・・・
今の職種にはなんの関わりもありません。
大学3年で就職のことを考えなければならない時期
親父から
アメリカに留学して宝石鑑定士の資格を取らないか?』
正直・・・
留学って響きが魅力的でした。
行き先は
アメリカのサンタモニカ・・・
何処にあるかは知りませんでしたが
桜田淳子の歌は知っていました。
『キテキテ・・キテキテ~サンタモニカ~♪』

答えは即答
『留学します!』

大学卒業後、
アメリカサンタモニカの英会話学校に
6ヶ月
同じくサンタモニカの
アメリカ宝石学協会に6ヶ月
約1年半の留学により宝石鑑定士
の資格を取得いたしました。

文章にすれば数行ですが

当たり前ながら
生活は全て英語です。
授業は全て英語
教材は全て英語

『ワンバーガープリーズ』じゃぁ通じないんですよ
『ワァン~ヴァ~グゥァァプリィィズ』
かなんか英語ぽく発音として
抑揚をつけないと通じないんです。
話せないと食べれない^^

英語という特殊な環境と
宝石という未知の分野。

そして、資格無では日本に帰れないと言うプレッシャー。

どれをとってみても真剣に
勉強するのに申し分の無い環境でした。

予習は、
わからない単語を英和辞典で調べることから始まります。

しかし、
調べるべき単語が・・・
日本から持参した英和辞典に載っていない。
そんな時
アメリカで買った分厚い英英辞典で引く。

英英辞典で、その単語を発見したら
その単語の説明に使われている
単語でわからない単語を
英和辞典で引く。
(↑意味わかる?)

そして、徐々に訳していく・・・

つまり、
たった一つの単語を理解するのに、
下手をすると、
英和辞典と英英辞典を5回も10回も
使って調べることがあるって事です。

そんでもって・・
その意味が専門用語の
堆積岩とか・・・
だったら・・

その堆積岩自体の
日本語の意味さえわからなかったりします。

今ならネットもあるし、
かなり楽が出来るんでしょうね~

授業は
早口のネイティブアメリカンの教師の
言ったことをノートに書いて
実技では
一日数十ピースの石を見る毎日。

復習は
ノートと教科書をつき合わせて
教師の言った単語を調べて確認する。
各データーの暗誦・・・

卒業には
100問の筆記試験に80%以上の正解と
実技試験の20ストーンテストで100%の正解率。

チャンスは3回・・・
3回試験に落ちると補習6ヶ月・・・
恐怖の卒業試験。

案外
安易に留学を決めましたが
もちろんの事
卒業できなければ帰国できない気構えです。

日本人は、
勉強好きなんで筆記試験は通過するんです。
私も日本人でした・・問題なく通過。
問題は
実技試験です。
20個の石が何であるか
全て解読しなければならない。
20個の中の1つや2つは
間違いやすい石が入っているんですよね^^

2回の不合格を経て3回目で見事合格
資格を取得して卒業することが出来ました。
私、23歳・・・24年前の話です

まさに、
英語漬け 宝石漬けの1年半でした。

いままでの
一生の中で
一番勉強をした。
新鮮な経験をした期間です。

『人間、何処でも生きていける』
って自信は湧きました。

さて話は戻って
2000年、
ビルオーナーが替わるのを期に
広島市佐伯区に事務所を移りました。
佐伯区の事務所は、五日市駅のすぐ近くの
吉見園のマンションビルの3階です。

2006年10月、
現在の店舗藤垂園に移転しました。
今までは
卸業務だけだったので
マンションの1室3LDKで十分だったのですが
2005年11月に立ち上げた
新規事業『金プラチナのリサイクル部門』の
一般ユーザーの方の
来客が徐々に増えてきた為に
もう少し
判りやすい場所にとの考えで
2号線沿いセブンイレブンの隣に
藤垂園に移転しました。


何故・・金プラチナのリサイクルなの?

2005年金プラチナの買取なんて
どこの宝石店さんもやっていませんでした。

だいたい宝石店は、
宝石を購入する店であって

宝石を買取してくれるのは
リサイクルショップや質屋さんというのが
常識であったと思います。

はたして
ビジネスになるのか?
商品の鑑定はどうすればいいのか?
価格の変動にはどう対処するのか?
御客様にどのように告知するのか?
御客様に喜んでいただけるのだろうか?

また当時は
宝石の販売にかかわる者が
宝石の買取にかかわる事に抵抗があったことも事実です。

しかし
宝石の販売での経験や、
宝石の知識があるからこそ
お客様に安心してご利用をいただける。
宝石の価値を知るものだからこそ
宝石の買取ができるのだと考えを変えました。

お客様が
昔、購入した今は使わない宝石
サイズの合わなくなった指輪
切れてしまったネックレス
片方だけのピアス

眠っている商品が
新しい価値に変わり
お客様の笑顔に触れ

リサイクルすることによって
地球環境にも貢献できる。

2008年1月には
中国新聞からも
金高騰と買取ビジネスについて取材を受けました。
いろんなメディアにも取り上げていただき
希少貴金属のリサイクルに
多くの方の関心が向き
貴金属のリサイクルが認知され嬉しく思います。

2008年
6月には、舟入店・宇品店もオープンして
広島・山口・岡山・島根県の各地にて
リサイクルイベントを進めております。

たくさんの御客様にご来店いただき
正確な査定、詳しい説明により
お客様に喜んでいただける事は
  我々スタッフの喜びでもあります。

【追記】2018年5月3日
2008年に新店舗がオープンして以降について更新します。
2007年に立ち上げたネットショップ2店のうち
1店を2014年に閉店し新ネットショップを開店いたしました。

2014年に、カープグッズ/カープブレスの発売を開始いたしました。

2008年に開店いたしました宇品店を
2015年に閉店いたしました。

2015年に、カープグッズ/カープスマホケースの販売を開始いたしました。

2008年に開店いたしました舟入店を
2016年に閉店いたしました。

2016年より、カープグッズの卸販売を本格的に展開
2018年現在で取扱店舗が約20店舗となりました。
関連記事

2007.05.01 Tue l 仕事 l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

gia
giaでネットサーフィンしていたらこちらにたどり着きました。私もサンタモニカELSを卒業してから、サンタモニカGIAとカールスバッドGIAでそれぞれgjとggを取得しました(今はなぜか翻訳業を営んでおります)。20ストーン、なつかしいです。勉強は確かに大変でしたが、同時に英文を読む楽しさを覚えたのもGIAのおかげだと思っています。ご商売がますます発展されますようお祈りしております。
2009.05.07 Thu l yoyo. URL l 編集
Re: gia
GIA卒業者に見ていただけるなんて感激です。
やっぱり、GIAでの経験は現在の自分の源になっています。
これからもよろしくお願いいたします。
2009.05.18 Mon l 佐伯. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://ssss7.blog107.fc2.com/tb.php/33-f5b64df7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)